winery

katunuma white
ソルオリエンス 甲州樽発酵
ソルオリエンス(Sol Oriens)とはラテン語で“日の出”の意。
甲州種果汁をフレンチオークにて樽醗酵させました。醗酵にはぶどうの皮についた天然酵母を使用、樽熟成後、無濾過で瓶詰めしています。
リンゴのコンポートのような独特の香りが印象的で、橙、きよみ蜜柑、ゆず、カボス、白い花、花梨のような柑橘香、樽から来るヴァニラ香、そして酵母の風味も感じられます。
生き生きした自然な果実味、少しの甘みと酸味もあり、バランスが取れています。白い花、リンゴのコンポートや柑橘類の香りが口中で広がります。しっかりした味わいで、若干の醗酵ガスがあり、後味に若干の苦みも感じます。旨味を多く感じるワインです。
余韻はとても長く、自然な香りが口中に残り、とても心地よい余韻です。

ヴィンテージ:2012 スタイル:辛口 ブドウ品種:甲州
720ml ¥2,770
料理との相性
和食を中心に季節の素材を楽しむお料理と幅広く合わせることが出来ます。若干の甘みも感じられますので、柔らかなマリアージュとなります。
購入はコチラ

白ワイン

勝沼(白)

スタイル:辛口

ブドウ品種: 甲州

360ml ¥730〜

>>詳細>>オンラインショップ

フォーシーズンズ

スタイル:辛口

ブドウ品種: 甲州

720ml ¥2,120

>>詳細>>オンラインショップ

ソルオリエンス 甲州樽発酵

スタイル:辛口

ブドウ品種: 甲州

720ml ¥2,770

>>詳細>>オンラインショップ

ソルルケト甲州

スタイル:辛口

ブドウ品種: 甲州

750ml ¥1,330

>>詳細>>オンラインショップ

ソルルケト甲州 EU

スタイル:辛口

ブドウ品種: 甲州

750ml ¥1,590

>>詳細>>オンラインショップ

ナイアガラ

スタイル:極甘口

ブドウ品種: ナイアガラ

720ml ¥1,590

>>詳細>>オンラインショップ

ロゼワイン

ピオーネ

スタイル:甘口

ブドウ品種: ピオーネ

720ml ¥1,590

>>詳細>>オンラインショップ

ベルアルバ

スタイル:辛口

ブドウ品種: マスカットベーリーA

720ml ¥1,590

>>詳細>>オンラインショップ

赤ワイン

勝沼(赤)

スタイル:ライトボディ

ブドウ品種: マスカットベーリーA+
カベルネ・ソーヴィニョン

360ml ¥730〜

>>詳細>>オンラインショップ

ベルカント

スタイル:ミディアムボディ

ブドウ品種: マスカットベーリーA

720ml ¥2,120

>>詳細>>オンラインショップ

あじろん

スタイル:甘口

ブドウ品種: アジロンダック

720ml ¥1,770

>>詳細>>オンラインショップ

スパークリングワイン

エンソレイエ甲州

スタイル:やや辛口

ブドウ品種: 甲州

720ml ¥2,120

>>詳細>>オンラインショップ

あじろんスパークリング

スタイル:甘口

ブドウ品種: アジロンダック

720ml ¥1,950

>>詳細>>オンラインショップ


ぶどう品種紹介
甲州
コーカサス地方からシルクロードを通って、1,000年程前に日本に渡ってきたと伝えられる、日本固有の品種です。
山梨県はその栽培面積の9割以上を占めています。2010年にはOIVに品種登録され、ヨーロッパでも認められる品種となりました。病害にかかりにくく、山梨の気候風土に適しています。
使用ワイン
ナイアガラ
ナイアガラは、ニューヨーク州ナイアガラで誕生した白ブドウ品種であり、コンコードとキャッサデーの交雑種です。
日本では長野県が主要産地で、マスカットのような甘い香りが特徴的。
使用ワイン
ピオーネ
巨峰とカノンホールマスカットの交配品種。
大粒でジューシーな果皮が特徴的で、ブドウの王様とも言われます。
使用ワイン
マスカットベリーA
日本のワインの父と呼ばれる川上善兵衛が、V.labruscaの「ベイリー」にV.viniferaの「マスカット・ハンブルグ」を交配して大正時代に育成した品種です。
山梨県の主要赤ワイン品種となっていて、ベリー系の果実香が特徴的で、渋みの柔らかな果実味主体のワインとなります。
使用ワイン
カベルネソーヴィニヨン
フランスのボルドー地方を中心に、世界中で栽培され、長期熟成タイプの赤ワイン用品種となっています。
そのスパイシーさと、しっかりした渋みが特徴的で、日本でも長野県・山形県・山梨県などで栽培されています。
使用ワイン
アジロンダック
明治時代から栽培されているとされる、アメリカ起源のラブルスカ種。現在では日本の勝沼町周辺で少量栽培されているのみです。
完熟すると粒が実離れしてしまうため生食用での栽培はほとんどなく、ワインにすると甘いイチゴのフレーバーが特徴となります。
使用ワイン
pagetop